スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お釈迦様の台座

こんにちわ!梅雨入りしましたね

あじさいの綺麗さ、可愛さに、足を止めて、うっとり眺めてしまいます~

この季節はあじさいともう1つ!
6月下旬頃に咲き始める 蓮の花も楽しみです


蓮の花といえば、お釈迦様の台座ですよね!


蓮の花は、泥水が濃ければ濃いほど、
大輪の花を咲かせます

逆に綺麗な水の中だと小さな花しか
咲かせないと言われてるそうです。

泥水とは人生におきかえれば、つらいこと、悲しいこと、大変なことです。


お釈迦さま は うつくしい花を咲かせるためには
泥は必要であるということを 伝えたかったようです。

私たちはいろいろな悲しみ・つらさ・大変なことを経験しない
限り、悟ることはできないという教えです。


苦難なときが来たら、

「この経験は自分にとって、必要な事なんだな」

と思い、受け入れ、今できることを、
粛々と行うことが、大切なんだと思います。


そう思えれば、自分自身にとってとても 幸せで素晴らしいこと。
そして、ありがたいことだと気が付いてきます。

それをお釈迦様は後世の人に伝えたかったようです。
その象徴として、蓮の花が台座に選ばれたんだそうです。


蓮の花のように、凜と咲けるよう
毎日を丁寧に過ごそうと
改めて思いました

スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。