スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中秋の名月

こんにちは! MASUMIです☆

今日は 中秋の名月 ですね!!

お天気は残念ながら曇ってますが…
運が良ければ、雲間からお月様が見えるかもしれないな~ と、望みをもってます♪

ちなみに 満月は明日 です♪


お月様の中にうさぎがいて、お餅つきをしているというお話、聞いた事ありますよね!

月うさぎ伝説の由来には、いくつかの説があり、インドのジャータカ神話によるものが、よく知られているそうです。

出典
月うさぎ伝説の由来はご存知ですか? | いい日本再発見

要約バージョン↓

昔、あるところにウサギとキツネとサルがおりました。

ある日、疲れ果てて食べ物を乞う老人に出会い、3匹は老人のために食べ物を集めます。

サルは木の実を、キツネは魚をとってきましたが、ウサギは一生懸命頑張っても、何も持ってくることができませんでした。

そこで悩んだウサギは、「私を食べてください」といって火の中にとびこみ、自分の身を老人に捧げたのです。

実は、その老人とは、3匹の行いを試そうとした帝釈天(タイシャクテン)という神様。

帝釈天は、そんなウサギを哀れみ、月の中に甦らせて、皆の手本にしたのです。


☆月で餅つきをしているのはなぜ?

こちらもいろんな説があるそうです。

「老人のために餅つきをしている」とか「うさぎが食べ物に困らないように」という説もあります。

ただ、お月見の行事が収穫祭であったことを考えると たくさんのお米が採れたことに感謝する。
という意味も込められているのかもしれないそうです。

出典
月うさぎ伝説の由来はご存知ですか? | いい日本再発見


「たくさんのお米が採れたことに感謝する」
「食べる事は、命をいただくこと」

中秋の名月から、感謝の気持ちをもって、食事をしようと再確認できた今日この頃です☆



スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。